阿波 徳島 ~ Natural cultivation of Awa Tokushima

木村秋則式自然栽培の農業事業について

青森県でリンゴ農園を営んでいる、木村秋則さん。木村さんは、およそ10年間という長い年月をかけて、世界ではじめて、農薬・肥料・除草剤を使用しないリンゴの栽培に成功しました。木村さんが、艱難辛苦を乗り越えて、育てたリンゴは、『奇跡のリンゴ』と呼ばれております。

木村秋則式自然栽培とは...

木村秋則さんが、リンゴ栽培の際に施された、農薬・肥料・除草剤を全く使用せず、自然の力を最大限に活かした栽培方法。こちらが、木村秋則式(木村式)自然栽培と呼ばれております。

リンゴの写真

徳島県鳴門市にある弊社が木村式自然栽培にてお米を育てている、稲田。

株式会社JP酒販での農業の始まり

         弊社がお米を栽培している稲田は、徳島県鳴門市にございます。

   令和1年に栽培する品種は、「山田錦」と「あけぼの」です。

   稲田も、農薬・肥料・除草剤不使用を施しはじめてから

   4年目に入り、今年から、「木村秋則式自然栽培」と

         歓呼する念願が叶う予定であります。


            株式会社JP酒販は、2014年10月30日に、

            設立しました。

            そして、代表である長原の意向から、

            社会貢献事業の目的も含めて、徳島県鳴門市の稲田にて、

            農薬・肥料・除草剤を使用しない、自然栽培の

            米作り事業を開始します。

自社の稲田の写真

タニシの写真

         

 

 

  収穫量が従来の約3割ほどの状況が、

         2年ほど続きました。

   病害虫や雑草が、大量に発生した原因は、

   慣行栽培から自然栽培に切りかえたばかりの土中に、

   肥料から変化した、※硝酸態窒素という物質が多く

   含まれていたことが考えられます。

 

   

  当初は、稲が成長する段階で、稲を食べてしまう

        タニシが大量に発生する事態が起こりました。

    また、タニシだけではなく、

    大量の雑草も育ってしまったのです。

    タニシの駆除と雑草を取る作業は、とても大きな労力を

   要しました。      

         そして、稲の収穫量は従来の3割ほどでした

   

農薬・肥料・除草剤不使用の稲田に植えたばかりの稲

耕転後の土壌

 

 

 

 

         しかし、自然栽培をはじめて3年ほど経つと、

         タニシの数も徐々に減少していきました。

   これは、土中に残っていた硝酸態窒素が

   徐々になくなり、土の生命力が強くなった

      ことによると思われます。

 

 

 

         さらに、土の力により、稲自体の生命力も強くなり、

         徐々に力強い稲が育つようになっていきました。

   自然栽培で育った稲の根は、慣行栽培の稲の根

   よりも大きく、そして、しっかりとしています。

         収穫量も、およそ3割から7割へと増加しました

稲田に餌を求めてやってきたコウノトリ

 

 

 

       稲田の近くには、日本の天然記念物である

       コウノトリの巣があります。

       しばしば、弊社の稲田にもコウノトリが、餌を

       探しに大きな翼を振って来てくれます。

       空を飛んでいるときの、

       コウノトリの姿は雄大です。

 

※硝酸態窒素とは... 植物が栄養として必要な物質です。

                           しかし、植物が分解できないほど、硝酸態窒素を取りすぎてしまうと、植物に硝酸態窒素がそのまま残ってしまいます。

                           硝酸態窒素は、人間にとっては、害があるため、硝酸態窒素を大量に含んだ野菜などを、

                           気付かずに食べてしまうことが問題になっています。