耕転 ~Plowing


※耕転とは...稲田の土が乾燥している、4月中旬から5月上旬の春に行われる。

           固まっていた表面の土を、トラクタのロータリにて適度に砕くことによって、

                 田植えの際、苗を適度の深さに植えやすくする。また、雑草を生えにくくする効果もある。

昨年の稲刈り後の稲

 

                                                                                 前年の稲の茎と根、そして、雑草が残っております。

                                                                                 茎は水分がなくなり、カラカラに乾いています。

                                                     しかし、もちろん土の中にある根は、

                                      まだ残っている状態です。

                                                    耕転により、土が攪拌されるため、  

                                                                                 耕転は、代搔きと田植えを行いやすくするための、

                                                                                 重要な作業になります。

 

 

 

耕転や代搔きのために必要なトラクター

     

  

     耕転には左のトラクターを使用します。

     使用前には、メンテナンスは欠かせません。

     耕転を行うのは、トラクターの後部の

     ロータリー部分です。

     木村秋則式自然栽培では、浅めに耕転します。

耕転前の稲田

   

     

             耕転により、稲の茎や根が、土から離れ、

     また、硬くなった土が好転されることで、

         窒素を含んだ空気が土に取り込まれます。

     

トラクターによる耕転作業

  

  

   

 

トラクターにて耕転を行っている様子です。

スピードは遅めに、土を耕すロータリーは

浅めに土に接するように、操作をしながら、

耕転を行います。

 

トラクターのロータリー部分

 

     ロータリー部分です。赤いカバーの下部に、反転爪があり、

     強力なパワーで土を耕してくれます。

     耕転前の点検作業では、反転爪が緩んでいないか、

     入念にチェックを行う必要があります。

     また、円状の銀色スクレーパにより、

     反転爪がどのくらいの深さまで土の中に入っているのか、

     把握しやすく、非常に便利でした。

     結果的に、反転爪を必要以上に汚さずに済みました。

耕転前の稲田と後転後の稲田の写真

 

 

左側が、耕転前の稲田、

右側が、耕転後の稲田の写真です。

耕転作業中には、土の中から、

たくさんのカエルが現れました。

また、土をじっくり眺めてみると、

無数とも言いたくなるほどの、

蜘蛛や小さな虫たちが、動いておりました。

稲田は、生命の楽園です。

農薬・肥料・除草剤不使用の稲田にいたカエル

 

耕転作業中に現れた、蛙です。

耕転作業前は、蛙がいることに、

気が付きませんでしたが、

土を耕すと、たくさんの蛙たち

が姿を見せてくれました。

実際は、姿を見せてくれたというよりも、

蛙たちは、夢中になって耕転作業中の

トラクターから逃げて行ったのでしょう...。

 

 

耕転後の稲田の様子

耕転後の農薬・肥料・除草剤不使用の稲田の写真

耕転を行う理由

 

硝酸イオンは、窒素が発生するために必要なエネルギーです。

この硝酸イオンができあがるためには、窒素が必要になります。

耕転作業は、この窒素を土の中に、十分に取り入れる重要な作業なのです。

また、耕転することで、土が柔らかくなり、田植えを行いやすくする効果があります。